日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
小学生はなぜ無地の文房具を揃えなければいけないか
2014年02月23日 (日) | 編集 |
 うちの子が入学するとき、

● 文房具は無地またはワンポイント

 なる、訳の分からないルールを学校から提示され、
「なんでそんなことしなくちゃいけないの? 鉛筆に模様がついているくらいいいじゃん。筆箱だってかわいいの使いたいでしょ。つまんない勉強をするんだから、そのくらいの息抜きは許されてもいいんじゃないの」
 と憤慨していた保護者の私。

 小学1年生の担任になって、

● 文房具は無地またはワンポイント

 というルールを死守してもらいたいと切実に願う私。
 30人からの子供をいっぺんに学習に向かわせるためには、もちろん授業自体のクオリティも高くあるべきだが、それと同時に、子供の気を散らすものを徹底的に排除しておくことも必要。特に学力が低くなりがちな子のほうが、よりそういうものに気を取られてしまう。友達が持っていても同じ。でも、とにかく授業中はみんな勉強に集中させたい。話をちゃんと聞いていてほしい。落ちこぼれてほしくない。いいか悪いかは別として、学力が高いほうが得する世の中は依然としてこの日本にあるのだもの。だから、小学校1年の時点でなるべく学力差をつけたくない。そう切実に考えるから、結果、● 文房具は無地またはワンポイント がベストなのです。
 それから、誰かがみんなが羨むものを持ってくると、人間関係の火種になりうる、というのももう一つの理由。それぞれが自分の家庭文化を持って一堂に集まっているのだから、当然、ぶつかることもある子供たち。その人間関係の調整も先生の仕事の多くを占める。授業で埋まる一日の合間を縫ってこの仕事をやるのは毎日が綱渡り。ただでさえそれはモグラたたきのように絶えないのだから、それ以上増やしたくない。だから、● 文房具は無地またはワンポイント が望ましいのです。


 というわけで、保護者時代と教員時代で、180度意見を変えたわたくしでございました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック