日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
パソコンができない
2014年02月01日 (土) | 編集 |
カナダ家族支援職資格取得日記⑤

 話は前後しますが。
 実は。

 聞き取れない英語に必死に受け答えして取りすがって、なんとか入学を許可されたものの、そこには、


 私はパソコンができない。


 という恐ろしい事実が横たわっていた。

 家庭支援職資格課程はeラーニング(インターネット通信教育・しかも海外の)だというのに、インターネットもメールもよくわからん。ましてやファイルがどうだ、ワードがどうだとか、ちょっともわからん。

 そんな私の強い味方は、ビジネスマンのダーリン。
 すでにビジネスの世界ではパソコンが当たり前だったから、我が家にも彼専用のパソコンとプリンタがあったのだ。

 とはいえ、彼は毎晩深夜まで働き終電で帰ってくる筋金入りのワーカホリック。
 
 しかし私にこの人以外に身近にパソコンを教えてくれるリソースはない。

 というわけで、毎晩深夜一時からのパソコン超初心者講習が始まった。
 とりあえず、インターネットの使い方と、電子メールの送り方、ワードの使い方、添付ファイルの送り方などを教わる。
 
 …こんな綱渡りの状況で、私はeラーニングを受けていたのね。
 今考えると、なんて無謀な…。

 ダーリンは、毎晩パソコンと格闘する私の様子を見て、
「俺、19から付き合ってるけど、マミが努力しているのを初めて見た~」
 と嘲笑っていた。

 



 深夜一時に帰ってきて、よくまあそこからオクサンに付き合ってくれたね、という声が聞こえてきます。
 ホントに、彼は嫌な顔一つせず、毎晩付き合ってくれました。
 飲んで帰ってきた時なんか、熱心にパソコンに向かう私の隣で、椅子に座ったまま眠ってたこともあったっけ。


 でもね。
 この件、彼には彼なりの勝算があったのです。

 それまでの私は、
「子供が可哀相だから夕飯を一緒に食べられる時間に帰ってきて(本当は子どもは気にしていない。実はこれは詭弁)」
 だとか、
「有給を取らないどころか土日まで出勤なんておかしいよ」
 だとか、
「休みは必ずどこかへ連れて行ってよ」
 だとか。
 要は、絶えず家族サービスを彼に要求しまくっていたわけです。

 ところが、勉強を始めた途端、
 そういう小言が私の口から一切消え失せてしまった。

 彼がいつ帰ってこようが、土日に出勤しようが、
 文献を読むのに必死の私は、知ったこっちゃない。

 休みの日だって出かけたりなんかしたら宿題が間に合わないから、私の願いは「どっか連れて行って」から、「近所の公園で子供を遊ばせながら文献が読めればそれでいい!」に変わっちゃった。

 つまり彼は、深夜に30分、私にパソコンのイロハを教えることで、長年悩まされていた絶え間ない小言からすっかり解放され、思う存分仕事ができる状況になれたというわけ。

 それまで、「好きでワーカホリックをやっているわけじゃない。家族には申し訳ない。でも仕方がないんだ」という思いを抱えながら、私の口撃を耐え続けていたわけですから、彼にしてみれば、この度はライアソン大学サマサマ、ありがとうございます♥という心境だったそうです。

 だから、なんとか私が途中で諦めないように、家庭の平穏がいつまでも続くように、彼はせっせと私にパソコンを教え続けたのでした!
 

 



 
 

 



 

 


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック