日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
男の子育て本…
2017年01月29日 (日) | 編集 |
「男の子育て本」という出版ジャンルを知っていますか?
 育児休業取得者、専業主夫、シングルファーザーなど、実際に子育てを体験した男性達がその書き手で、すでに様々な本が世に出ています。ルーツは1975年に刊行された「主夫と生活」(マイク・マクレディ著、伊丹十三訳、学陽書房刊)。最近では、現役官僚が書いた「経産省山田課長補佐、ただ今育休中」(山田正人著、日本経済新聞社刊)が話題です。

 さて、これらの本は、育児に直面した男達の、おおむね共通した心理を私たちに教えてくれます。

 まず彼らは、たとえ自分から進んで育児に専念した人でさえ、一様にそのシンドさにとても驚き、
「世の専業主婦たちは、こんな思いで子育てをしていたのか!」
 と愕然とします。

 それでも気を持ち直し、追いかけてくる子どもの世話と雑用の嵐―それも食べこぼしの片付けやおしめの後始末などの汚れ仕事―に、正面から取り組み、しばらくしてそういう生活になんとか慣れてきたころ、今度は、社会からすっかり隔絶された自分に気づき、憂鬱な気分、いわゆる「育児の孤立感」に襲われるのです。

 このへんは、仕事をやめて育児に専念した女性の心理と驚くほどよく似ています。

 そしてその時期を乗り越えて、子育て生活に慣れるに従い、彼らは、妻が頻繁に遅く帰ることに文句を言ったり、子どもが妻より自分になついていることに悦に入ったり、保護者会に積極的に参加したり、などなど、限りなく「母化」していくのです(笑い)。

 一方、子育ての憂いなく、思う存分仕事に集中する妻のほうは、夫が持ちかける子育ての話を話半分に聞いていたり、無責任に子どもを甘やかして夫に文句を言われたり、「仕事が大変なのよ」と愚痴を言ったり、限りなく「父化」していきます(再び笑い)。

 面白いのは、最終的には、子育てを経験した男性達がみな、「子育ての楽しさ」にハマッてしまい、たとえ復職しても、元の仕事人間の自分に戻れなくなってしまうことです。

 たまには、こんな「男の子育て本」を読んで疑似体験してみるのも、楽しいかもしれませんよ。

(2006年 北海道浦幌町広報に連載したコラムの転載です)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック