日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
一生、後悔し続けるだろう。
2016年08月16日 (火) | 編集 |
 異国を旅していたときのこと
 
 大都市の駅の階段をすぐ下りたところ
 ゴミゴミした町の中
 すぐ横には大通りがあって
 歩道にはたくさんの人が行き交っている

 そんな場所で

 その女の人は
 五歳ぐらいのとても細い足の男の子を抱えて
 道端に座り
 マクドナルドのジュースの空き容器を
 高く頭上に掲げていた

 物乞いだ

 私は
 なにがしかをその容器に入れたかった

 だけど
 現地の人は
 当たり前のように
 その女性の前を通り過ぎる
 誰も見向きもしない

 旅行者の私が
 彼らがしていないことを
 してもいいのだろうか

 どのくらい
 入れるのが
 正しいのだろうか

 まごまごと
 お財布を出しているのを
 見られるのは恥ずかしい

 そんなことを一瞬で思いめぐらしていたら

 私はその女性の前を
 何もせず
 通り過ぎてしまった

 

 次の日

 現地のツアーに参加した

 ガイドさんに連れられて歩いていたら
 また違う場所で
 違う物乞いにあった
 
 ガイドさんは
 当たり前に小さな額の紙幣をポケットから取り出し
 さりげなくその人の容器に入れた

 ああ
 それでよかったのか

 なんで
 昨日
 できなかったんだろう

 後で聞いたら
 ガイドさんは地方の出身で
 小さい頃はとても貧しかったのだという
 
 日本語も英語も話せる人だから
 多分、今は高給をとれているのだろう

 だけど
 貧しかった彼にとって
 物乞いの人は
 施す相手と言うより
 助け合うべき仲間

 そんなふうに思えるような
 さりげなさだった

 私が
 昨日
 あんなふうにさりげなくできなかったのは
 きっと
 そんなふうに考えることができなかったからじゃないのかな
 
 同じ人間なんだから
 気軽に分け合えばいい

 そんなふうに単純に考えることができなくなっている
 不自由な心をもっていたんだな

 それで
 一生悔やんでも悔やみきれない
 ミスを犯した

 わたしは
 あの女性に
 いくらか渡したかった

 けれど
 何もできなかった
 
 いつも
 誰かの役に立ちたいと
 切望しているのに

 どうして
 なにもしなかったのか

 きれいなホテルに泊まって
 おいしいレストランで食事をして
 飛行機に乗って帰ってきた私

 どうして
 いくらかでも
 彼女に渡さなかったのか 

 もう二度と
 彼女には
 会えないだろう

 一生チリチリと痛む小さな傷が
 また 
 もうひとつ増えた

 


 
 

 


コメント
この記事へのコメント
なるほど
多くの人がおんなじ体験をしているとおもいます。

でも今回のこと、何か次の事象に

いかされていくんでしょうね

それに

国によってもカルチャーがまるで違うから

そうしないことが当然、というところもある

シェアが当然という思考

そうでない思考

あるとおもいます。
2016/09/25(Sun) 07:18 | URL  | shizuka #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック