日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「頭」の人がいっぱい
2016年08月06日 (土) | 編集 |
最近の世の中には
「頭」が多すぎやしませんか

世の中を一つの体に例えると

頭のしごと、手のしごと、足のしごと とかがあると 私は思っていて

中でも 最近は

コンピューターやらなんやらができたせいもあって

それにきっと、みんなが「頭」のしごとはカッコいいし実入りもいいと思っているから

「頭」のしごとを好んでしまう

それでもう どんどん
「頭」のしごとばっかり いっぱいふえつつある気がするんだけど

でも

これがなんでかわからないけど

人として魅力的なのは、「手」や「足」のしごとの人っていう実感がある

偏見とか
身びいきとか

そういうのホント抜きにして
それから「頭」にも例外があるのかもしれないけど

「頭」のしごとのひとの話やふるまいは、ちょっと聞くだけだと
「おおなるほど」「すごいなあ」って思うんだけど

しばらくすると、あれ、「それほどのことか?」って思っちゃう
それになんかスケールがちっちゃいんだよね

でも
「頭」じゃない人が
狙わずに放ったひとことや、することなすことは、すんげえダイナミックで面白かったりする

そんで、

実は、

きっと広く言ったら「頭」のひとりな私は、

もしかして「頭」じゃない人の野放図なふるまいを、本人そっちのけで勝手に深く理解したりして、面白がったりしてるんだろうな

だせえな







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。