日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
メディアでないという贅沢
2015年12月26日 (土) | 編集 |
 長年ファンだった人が、今年大ブレイクして、メディアでどんどん「すごいこと」になっている。
 小さなライブで、その姿を身近に見てきたから、なんだか不思議な感じ。

 そして、「すごいこと」を彼がどんどん経ていく一方で、
 でもさあ。
 と思う。

 私の長くなってしまった人生で出会った人の中で、彼よりもっとすごい人は何人もいて、
 でも、その人たちは、そんなメディア的「すごいこと」とは無縁で。

 どうしてそんなちがいが生まれるかと言えば。

 それは、たまたま、彼がもともとメディアで仕事をしている人で、
 ほかのすごい人達は、市井に生きてメディアの情報に載らなかったから。

 でも、すごさというか、やったことの偉大さで言ったら、
 むしろ、みんなが知らないすごい人達のほうが、このうえない。
 けど、世間の注目や認知は、すこぶる低い。

 このことを考えていた時に、

 私達の仲間内で「聖地」と呼ばれるある店で、恩師の古希の祝いがあった。

 その店は、メディア的「すごいこと」になっている有名店ではないし、
 集まった人は、その実績に見合うほど、メディア的「すごいこと」にはなっていない人たち。

 なんだけど。

 私には、その場にいられたことは、世界中の幸福を掻き集めて独り占めしたみたいな気分だった。
 あの店のあの時間のあの空気はほかにはない。
 その場にいる誰もが、そう感じていた。

 私の頭を覆い尽くしている
 何百万、何千万の人に注目され派手なことをすることが価値あることという幻想を取り払ってしまえば、
 その理由がわかる。

 あの場所で
 あの人たちと
 一緒にいられたこと

 それは何憶分の一かの運命のプレゼント
 メディアで決して報じられることがない贅沢。

 そして、
 きっとそれは

 少なくない数の人達が
 日常のいろんなシーンで感じている贅沢。
 (もしかしたら、気づかずに。)

 テレビ、ラジオ、ネット、ブログ、フェースブック、ツイッター、インスタグラム・・・・

 これだけ情報発信が多いと、
 そのどれにも載らないところに最高の贅沢があるんじゃないか、と思う。
 

 
 
 

コメント
この記事へのコメント
かっこいいっ
2015/12/26(Sat) 22:58 | URL  | どきんたん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック