日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
特別支援的配慮は、大事だけれど大事じゃない。
2015年11月14日 (土) | 編集 |
 アスペルガーを含む自閉症スペクトラムを持つ子から、家庭環境の複雑な子まで、特別支援的配慮を含む児童がいる。
 
 その特性に見合った配慮はものすごく効果的だし、絶対的に必要だと思う。
 たとえば、時間を視覚表示できるタイムタイマーや、わからない時間を与えないわかりやすく隙間ない課題提示や、困った子は困っている子として見る視点だとか。
 そして、その子の善いところを見つけ、その子を褒めよう、認めよう。っていうのもわかる。だいじなのも知ってる。

 だけどそれだけかよ?って思うんだ。

 こころをこめてやっていると、
 ときには、
 とくべつしえんてきはいりょなんてどうだっていいよっ!
 っておもうことがある。

 私たちは愛を持って子どもを育てているんだ。
 
 我慢する力が弱い子でも、
 家で辛いことがある子でも、
 私は、
 許されないことは許しちゃいけないと思う。

 直感的に、そういうのは叱らなくちゃいけないって思う。
 それが私の愛。

 叱るべき時に 「この子だから仕方ない」とはっきり叱らずに
 褒めたり認めたりばかりでいいのかな。
 
 それは逆に、その子と対等な関係で対峙していないような気がするの。 
 他の子と分け隔てしていることになる気がする。

 


 冷静に言えば、

 つまり、特別支援的配慮を意識せず自然にできるくらい身につけた上で
 それを超えた、人間的なぶつかりあいを、心を懸けた関わりをしたいっていうことなんだろうな。

ちょっとえらそうだったでしょうか…(*´ω`)┛


 
コメント
この記事へのコメント
これもよくわかるし、わたしもそう感じる!
2015/11/15(Sun) 22:48 | URL  | リリコ #ya/QZaRI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック