日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
家族生活教育
2015年08月31日 (月) | 編集 |
 とうとう、ファミリーライフエデュケーションの翻訳書が出ました。正確には、出ていましたというべきか。
 日本家政学会の先生方が出版した「家族生活教育」(倉元綾子・黒川衣代 監訳、南方新社・刊)という本です。
 原書は「family life education working with family across the life span」の第2版。原書のリンクはサードエディション(第3版)です。

 たまたま、ネットサーフィンをしていて、山下いづみさんのブログを発見し、家政学会の家政教育部会が以前からファミリーライフエデュケーションの学習をしていたことを知りました。

 私が資格を取得したのが2003年。日本人初のファミリーライフエデュケーターとして、たった一人で仕事を始めましたが、一方で、山下さんは2004年からファミリーライフエデュケーションの普及活動を開始し、市会議員にまでなってしまったそうです。お互い知らなかった~。その後、山下さんと、翻訳者の倉元先生ら家政学会の先生方が出会い、家政学会の先生方もファミリーライフエデュケーションに興味を持ち、本書の翻訳に至ったとのことでした。

 「family life education working with family across the life span」は、ほぼファミリーライフエデュケーションの概要を網羅した本で、これを翻訳するのは大変なご苦労だったと思います。本当にお疲れ様でした。

 私もいくつかファミリーライフエデュケーション関係の原書を持っていますが、もう、早々に翻訳は諦めてしまいました。
 英語は、アルファベットのみで、日本語は漢字、ひらがな、カタカナがあります。だから、日本語で、西洋の論理的思考を表そうとすると、必要以上に難しそうな文章になってしまう。アルファベットの羅列だと、もう少しとっつきやすいのですが。かといって、その意味合いだけを抽出してわかりやすい日本語だけで語ろうとすると、原書の表現を正確に伝えていないのではないかという不安が生まれます。

 そういうわけで翻訳というのは本当に難しい。
 だから翻訳作業に時間を使うより、日本に根差した形でファミリーライフエデュケーション的活動を実践しようと考え、私は、一人で自分なりの日本型ファミリーライフエデュケーションを創ってきました。そして、その延長線上にあるこのブログでは、私のフィルターを通してますとお断りしたうえで、ファミリーライフエデュケーションの本質を、わかりやすい言葉で伝える努力をしています。

 一方、上記の本は、私のやり方ではなく、むしろ直訳に近い言葉で翻訳されています。だからちょっと、難しく感じられるかもしれません。でも、ファミリーライフエデュケーションって、そんな敷居の高いものではないんですよ~。

 本当は、アメリカかカナダの大学で、英語でファミリーライフエデュケーションを学んでいただくのが一番早いと思うんですが、どうしても英語がダメだという方は、とりあえずは、そんな違いを踏まえつつ、私のブログとこの本の両方を眺めて、ファミリーライフエデュケーションをご理解いただけたらと思います。



 さて、ネットサーフィンの成果はもう一つあり、日本家政学会が現在、ファミリーライフエデュケーター的な資格認定をめざしていることを知りました。その一環として、日本家政学会内の連携を図るための会合があるというのです! 私は微力なうえに、小学校に行ってしまいましたから、学者さんたちの団体がファミリーライフエデュケーションを推進しようとしてくださっているのは、なんて嬉しいこと!と感激して、喜び勇んで行ってみました。
 実際に資格認定課程を修了した者として、資格認定制度構築に向けて、何か力になれたら、との思いもありました。

 そこには山下いづみさんもいらしており、アメリカでファミリーライフエデュケーションの科目を履修したことのあるIさん、翻訳者の先生方、日本家政学会の家政教育部会をはじめとする各部会の先生方にお会いできました。
 本も著者割引で購入させていただきました。

 突然の訪問にもかかわらず、温かく迎えてくださった皆さんに深く深く感謝です。
 
 しかし、行ってみてわかったのですが、私が資格を取得して10年たちますが、やはり、ファミリーライフエデュケーションの全容は、まだまだ日本には理解されていないんですね…。
 私としては、とにかくファミリーライフエデュケーションが正しく理解され広まることを切に願わずにはいられません。
 正直、そのことがすごくすごく不安です。
 優しくしていただいたのに、こんなことを書くのは、申し訳ないという気持ちもあります。
 けれど、それをおして、私は書かなければならないと思うのです。

 というのは、ノーバディズパーフェクトの先例があるから。

 人は、何かを理解する時、今まで自分の中にあるものと結び付けて理解します。

 ファミリーライフエデュケーションは、日本人が今まで蓄えてきたものと通じるものがあまりないので、それを聴いただけ、読んだだけで理解するのはかなり厳しい。
 
 でも、資格認定まで目指すなら、それに関わる全ての人が、必ず、ファミリーライフエデュケーションを正しく、そして深く理解してほしい。

 そしてそれ以前に、家族支援理論について深い理解をしていてほしい。

 なぜなら、ファミリーライフエデュケーションは家庭教育、家政教育の一つではなく、あくまで家族支援の一手法だからです。
 それは、「成人教育」という手法を使って、予防的に家族のウエルビーイングに寄与するもの。
 だから、前提として、家族支援の考え方を十分理解し、家族支援の考え方に基づいて実践するのが絶対条件。

 そして、家族支援学が、それがなければ家族支援ではないと強く主張するのが、ボトムアップ
 これをおさえないと、資格の意義そのものも変わってしまいます。

 どういうことかというと。

 先にファミリーライフエデュケーションありき、ではないんです。

 まず最初に、切羽詰まった地域のニーズがあって、それを何とかしようとする人たちがいて、その中でいろいろな家族支援活動がなされる。
 その様々な活動の一つとして、予防的な教育実践が必要だと判断された場合に、ファミリーライフエデュケーションが用いられます。そして、地域にあったオリジナルプログラムを用意し、それを行うのがファミリーライフエデュケーター。
 そして、そもそも、ファミリーライフエデュケーターは、カメラマンや詩人みたいに、自己申告でなるもの。
 そのなかで、資格認定を受けたら、FLE(ファミリーライフエデュケーター)からCFLE(有資格ファミリーライフエデュケーター)になります。

 でも必ずしも認定が必要なわけじゃない。
 大事なのは実力なんです。
 家族支援で大切なのは実力と絶え間ない謙虚な学び。
 資格じゃない。
 もちろん、あったほうがいいけど、なくても実力があるほうがいい。
 
 けれど、日本型思考では、教師でも保育士でも、まず資格を取らなければ仕事ができませんから、それと同様に、まずは資格を認定、という発想になってしまう。
 だから、ノーバディズパーフェクトプログラムみたいなことが起きてしまう。
 だけどこの日本型システムは、様々に家族支援の考え方と矛盾しているのです。
 詳しくは→★ (★をクリックしてください) 
 家族支援の考え方とは、対等で親しい関係であり、レジリエンシ―であり、パワーウイズの考え方であり、地域密着であり、オリジナルであり、エフェクティブであり…その他もろもろ、知っておかなくてはいけないことがたくさんあります。

 とにかく、まず家族支援の考え方をおさえないで、ファミリーライフエデュケーションを実践してはいけません!
 もしやってしまったら、ぜーったいに! 訳の分からないことが起きてしまう。

 そして資格課程では、机上ではなく頭ではなく、身体全体で家族支援とファミリーライフエデュケーションについて体得するような学びの工夫がほしい。つまり、ファミリーライフエデュケーションの手法を学びを通じて疑似体験するシステムが絶対必要ということです。 そして、内容的にも、日本の既存の資格認定のようなものではなくて、ゲンバ密着の、実践的、実際的、学際的、現代的なことをふんだんに盛り込んで、ちゃんと、なりたい人を耕すものにしてほしいと思います。私がライアソン大学でそうして鍛えてもらったように…。


 僭越ながら、私は協力を惜しみません。
 
 日本家政学会の先生方に超・期待しています!
 どうかどうか、よろしくお願いいたします!

 
 

  
 
 
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック