日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
億万長者のアイオワ人
2015年08月07日 (金) | 編集 |
 これは、ファミリーライフエデュケーションを紹介する時に、いつも使う優れたたとえ話。ファミリーサポートアメリカの資料に載っていたものを翻訳しました。
 先日、テレビで誰かが「児童虐待はまず予防から」と言っていたそうで、とうとう予防教育=ファミリーライフエデュケーションこそ大切なんだという考えが浸透してきたのかと感慨深く……。(私はなにをするにも早すぎるんだなと最近自覚してきた←自慢)

 そこでこれを載せちゃいます。ファミリーライフエデュケーションは、福祉や臨床心理その他の社会資源よりずっとコストパフォーマンスがよいのよ!

億万長者のアイオワ人
(翻訳;林真未)

 48歳の時、ジョンスミスは億万長者のアイオワ人になった。だが、アイオワ宝くじに当たったわけでも、大金持ちになったわけでもない。ただ、彼のケアと社会の治安のため、アイオワの納税者に百万ドル以上のコストをかけさせているのである。ジョンスミスは成人してから、トータル約20年を刑務所で暮らしている(不法侵入、強盗、傷害が主な理由)し、少年時代は少なくても3年以上は訓練施設や更生プログラムにお世話になっている。彼の刑務所暮らしのコストは450,000ドル、加えて少年期のプログラムコストは175,000ドル、刑務所にいない時の保護観察コストは40,000ドル、裁判費用は150,000ドル以上にのぼる。この他に、精神障害を予防するための医薬コストが175,000ドル。
 ジョンスミスの母親は高卒の資格を持っていなかった。そしてほとんど常に極貧状態で、時々生活保護も受けていた。子どもを産むとき、何の産前ケアも受けられず、彼は早産の低体重児であった。ジョンは異常な活発さと混乱した家庭環境に悩まされ、母親は彼が7歳のときにコントロールしきれなくなって、ジョンは、養父に虐待された。学校ではしつけの面で問題視され、最終的に10年生を修了せずに終わった。刑務所の中のプログラムによる援助で、GED(義務教育終了?)はついにとることができたけれど。
 ジョンは、納税者に課したコストのほかに、近所の住人から300,000ドルの物品を奪った。また、彼は二人の子どもの父親だが、そのうち一人は訓練施設行きの候補者である。ジョンは、次世代の億万長者のアイオワ人を確保する手助けもしていることになるだろう。
 こうしてジョンの例を見ていくと、どうすればジョンや社会にとっていい結果がもたらされたか、指摘することができる。
 もし、ジョンの母親が妊娠中に支援、相談、産前ケアが受けられていたら、彼女は健康な出産ができたかもしれない。
 もし彼女が、自己を高めるトレーニングや家族を発展させる機会を得ていたら、経済的に安定した家庭をつくれたかもしれない。
 もし、ジョンがごく小さい頃に、健康に関する初期的、予防的なケアがなされていたら大人になってからそれほど多くの医療行為は必要なかったかもしれない。
 もし、ジョンの家族がペアレンティングプログラム(親教育)やホームビジット(家庭訪問サービス)を受けていたら、ジョンは虐待されず、怒れる少年にならなかったかもしれない。
そして最後に、もしジョンが励まされ、勇気づけられていたら、高卒の資格をとって、キャリアを発展させていたかもしれない。
 端的にいって、ジョンが小さい頃に、予防的投資(何十万ドルというより何千ドル程度)がなされていたら、彼を、社会の脅威ではなく、社会に寄与する人物にする手助けができただろう。成人してからの期間、もしジョンが彼の世代の平均年収の3/4でも稼いで、アイオワ税を30年以上払ったとしたら、その額は50,000ドルぐらいにはなる。そして一番重要なのは、彼の子どもたちが依存でなく成功への道を歩めただろうということだ。
そうすると、全体として、ジョンは社会に何十万ドル分の寄与をすることになるのだ。同じ額を社会から消耗してしまうのではなく…。(下線;林、アメリカの家庭支援団体の出版物より)


(原文)
WHAT WILL IT COST NOT TO RECOGNIZE AND INCLUDE FAMILY SUPPORT IN THE NATIONAL CHILDREN'S AGENDA?

The following story was published by Family Support America, a national organization in the United States with a similar mandate and mission to the Canadian Association of Family Resource Programs. Although this story describes the fate of an Iowa resident, its message has relevance for Canadian policy-makers.
"The Million-Dollar Iowan"
At age 48, John Smith has become a million-dollar Iowan. He did not win the Iowa lottery or become a millionaire. Rather, he has now cost Iowa taxpayers over $1 million for his care and for society's protection. John Smith has spent 20 years of his adult life in correctional institutions (most for reasons of burglary and robbery but also for violent actions) and over three years of his adolescent life in training schools and residential treatment programs. His prison time has cost the state $450,000 (25 years times $18,000), his juvenile treatment an additional $175,000. Probation services during the time John was not locked up have amounted to $40,000. Court expenses for his prosecution and his appeals have amounted to over $150,000. Special medical bills for preventable neurological disorders have cost another $175,000.

John Smith's mother did not have a high school diploma, and lived most of her life in poverty, sometimes on public assistance. When she gave birth, she had no prenatal care, and her son was born prematurely and at low birthweight. John suffered from hyperactivity and a chaotic home environment. His mother was unable to control him by the time he was seven, and John was abused by his stepfather. John was a disciplinary problem in school, and never completed 10th grade, although he finally got GED in prison, aided by the completion of some training programs in the prison school.

John estimates that, in addition to the costs to taxpayers, he has robbed Midwestern residents in the vicinity of $300,000 in goods. During the times when John has lived in society as an adult, he has fathered two children, one of whom has been in five foster homes and now is a candidate for the state training school. John may well have helped to ensure Iowa has a new generation of million-dollar Iowans.

In John Smith's case, one can find points at which actions could have been taken which could have resulted in a better outcome for both John and society. If John's mother had received support, counselling, and pre-natal care during pregnancy, she might have given birth to a normal birthweight baby, without any neurological disorders.

If she had received enhanced training and family development opportunities, she might have provided a more economically secure home.

If health care had been provided on a primary and preventive basis while John was an infant and toddler, he may not have needed so much medical attention as an adult.

If John's family had been involved in parenting programs and home visiting, he might not have been abused as an infant and angry as a teenager. Finally, If John had been encouraged, he might have completed high school and developed his own career.

[In short, preventive investments (in the thousands, rather than the hundreds of thousands of dollars) in the early years of John's life might have helped him to become a contributing member, rather than a threat, to society. If he had earned even three-quarters of the median income for his age group during this period, he would have paid in Iowa taxes, over a thirty year period, more than $50,000. Most importantly, his children would be on a path to success, not dependency. Overall, John would have contributed hundreds of thousands of dollars to society, rather than draining society of these amounts.]

Source: Making the Case for Family Support, Family Support America, Chicago


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック