日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
2科目め『家族問題1』に突入
2015年06月21日 (日) | 編集 |
カナダ家族支援職資格取得日記⑪

 トム先生のおかげで1科目めを優秀な成績で修了し、晴れて「家族支援職資格課程」に入学を許可された私。
あと7科目を勉強すれば、晴れて資格をもらうことができる!

 というわけで、最初に選んだのは「家族問題1」。
 私は、この科目は受ける前から自信があった。
 なぜなら、それまでの10年間図書館に通いつめ、あるいは各所の講座を受け、あるいは大学の先生のところに押しかけ、いろんなことをして家族について学んでいたから。
 だからたぶんレポートなんてお茶の子さいさいって思ってた。
 心配なのは英語だけ。
 
 じっさい、学びの間じゅう、
「ああ、これはあの本のあの理論に言及すればいいな」
 とか、
「ああ、これはあの団体のサイトを見てみよう」
 とか、
 泉から湧き出るように、私の中からアイデアが溢れてくる。

 だけどもちろん、この科目を取ったことに意味がないわけはない。

 この資格課程全てに言えることなのだけれど、
 テキストはカビの生えた理論ではなく、実践的な話ばかり。
 課題は、頭の奥までほじくられるように考えさせる質問。

 このフィルターを通ることで、
私の中に混沌としていた家族に関する知識や理論が、スッキリ爽やか、整理された!

 参考までに、各単元のタイトルを書いておきます。
 日本語にするとどうしてもニュアンスが変わってしまうので、英語のまま。
※これは私が教わった時のコンテンツ。今は改訂されて内容がちょっと変わっているらしいです。

1.Family in society:Community as context
2.Family Development:Newer perspective
3.Power in Relationships and Society
4.Culture,Diversity and Prejudice
5.Gender:Role of women
6.men in Families,Men as fathers
7.Marriage and Divorce
8.Fertility,Childbirth and Parenting
9.Work and Family
10.Poverty
11.Violence and Abuse in the Family
12.Family as Caregiver
13.Resilience and Capacity

 余談ですが、これを学んだ2000年ころは、まだ今のように子どもの貧困に注目が集まっていなくて、
私も「日本には、そこまで深刻な極貧はあまりない印象がある」というレポートを書いて、
先生に叱られたことを覚えている。

 そしたらその後わりとすぐ、ブームみたいに貧困問題に注目が集まって驚いた。

 貧困問題だけじゃなくて、高齢者虐待や、父親支援、レジリエンシ―という考え方など、ここで一通り教わったものが、しばらくしてから日本で盛り上がる、というパターンがあって。

 だから、英語でモノを学ぶってことは、日本の近未来を予見できるってことなんだろうな、って今は思ってる。 で、それをめんどくさがらずにちゃんとやって、しかもその情報をもとに日本でビジネスやアクションを起こす人が成功するんだろうな、と思ってる。

 思ってはいるけど、そーいう賢いアクションを自分では決してやらずに、今日も元気に保守的な日本社会とお付き合いしている私。だって、めんどくさいんだもん。

 でも、もし自分のやっていることや世の中のことについて、迷った時や困った時、悩んだ時、あるいは何か新しいことをアクションしたい時は、絶対英語でネットを見たほうが参考になると思いますよ! 日本語と英語では、情報量そのものにも、大きな差がありますからね~。




 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック