日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
学校の実態 ~映画「みんなの学校」によせて~
2015年03月30日 (月) | 編集 |
 真っ暗な映画館のシートに埋まって、いつまでもこの映画が続いてほしいと思った。

 そこには等身大の今の学校があった。
 涙がこぼれた。

 だって、

 映画としてまとめるために切り落とされた部分もあるだろうけれど、
 今できる限り誠実に映し出された公立小学校の姿がここにあると思ったから。

 それは今までほとんど外の人に見られることはなかった。
 学校公開や授業参観では、学校は、よそいきの服を着ているから。

 それを、みんなに見せてくれてありがとう。
 私も、ずっとずっと見ていたかった。

 あの映画で描かれたことは、何も特別なことなんかじゃない。
 多くの学校で行われているリアルだ。

 たった数年しか経験のない私でさえ、既視感のある風景ばかりだ。
 もちろん、自分がその風景の中にいたことだってある。

『子どもはすばらしい』
『どの子もかわいい』
 浅い意味でそう語る人たちがきっと逃げ出す現実がそこにはあるよ。




 学校の外(保護者)から学校の中(教師)に入って、痛切に感じたのは、外(保護者)で想像するよりずっと、中(教師)では子どもにエネルギーのありったけを注いでいる、ということだ。

 少なくとも私の出会った先生たちは、文字通り子どものために「心を砕いて」いた。


 教室を飛び出す子どもを、
 独り言を繰り返す子どもを、
 暴力を抑えられない子どもを、
 
抱えながら、先生たちはクラスを運営する。
それが当たり前と思っている。

大変な子がいたら、頭と心と体ごとぶつかる。

もちろん、やり方はある。だけど、セオリーはない。
つまり、そのときどきでなにがうまくいくかわからないから、頭と心と体全部使ってなんとかするしかないのだ。

そしてそんな日々のなかに、
あの映画で見られたような、
宝石のような一瞬や、はっとするような子どもの表情や、溶けそうになる大人の優しさが、
ある。


先生方はみんな優しい。
クラスの子どもたちは温かい。
どのクラスにも、
小さな心遣いで教師を助けてくれる子が必ず何人かいて、
ほかにも、
大変な子の善いところを探して報告してくれたり、
散らかした机や文房具を黙って直してくれたり、
いろんなかたちで、
子どもたちのやり方で、
その子を、
結局は包み込んでくれる。

泣きそうになったことは何度もある。
感動したことは数えきれない。

子どもってホントにやさしいよ。大変な子も含めて、みんな、かわいいよ。
大変な子がいるクラスの子は、いないクラスで過ごすより、きっとずっと、優しくなれるよ。



 公立小学校は優れた地域リソースだと、ずっと前から言ってきた。

 お金をたくさん払わなければ、素敵な教育が手に入らないとか、
 お受験をしなければ良い学校に行けないというのは幻想だ。

 公立小学校は、みんなが思っているよりずっと素敵な場所で、
 もし今そうじゃなくても、
 そうなれる可能性を秘めた場所であることは間違いないんだ。

 
 地域に住む子どもなら誰もが選別されずに行ける場所。地域の家族が繋がれる場所。
 たくさんの税金を使って創りあげたこの場所を、
 新しい試みをするまでもなく、今すでにあるこの場所を、
 信頼できる楽しい場所にする。


 
 私の小さくて果てしない野望。



 もうすぐ新学期。
   


 



 
コメント
この記事へのコメント
ここ「まみさん」でいいのかな?

まみさんのこういう記事がなかったら、学校の良さや教師の姿なんか、全く全く見えないままだっただろうな、と思う。

そう思うと、マミさんと知り合えたこと、マミさんという人の存在を知っていること、この記事を読めていることだけでも、ものすごくラッキーなことだと最近思うよ。

そうじゃなきゃ、学校を忌み嫌うだけの親のままだったよ。

単なる知り合いの日記で終わらないんだよね、マミさんのブログって。

変化させられる、というか。

2015/12/07(Mon) 17:34 | URL  | どきんたん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
やーん。
そんなこと言ってくださる方がいるということが
この上ない喜びです。
コメントしてくれた本当にありがとう。
書けないこともいろいろありますがw
また会いましょうね!
2015/12/26(Sat) 14:22 | URL  | さえる #-[ 編集]
涙でた。

また私を泣かしたなー。

先生とこんな話できたらいいのに。
したいけどなあ。
2016/02/29(Mon) 10:51 | URL  | どきんたん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック