日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
もう逃げない(呆れるほど逃げてきた)
2015年01月24日 (土) | 編集 |
たぶん生まれてこの方ずっと、私は勝負から逃げてきた。

100%の力で挑んで敗れ去るのが怖いから、
勝利の見込みがあるときだけ挑んだり、
なんだかんだ理由をつけて80%の力しか使わなかったり。

その結果がこの人生だ。

もういいかげん、うんざりだよ。
お前、今いくつになったんだよ。
そのまま、一度も真摯にならないまま死んでいくつもりかよ。

あ。
一度だけあったっけ、見込みも何もなく無謀に暗闇に突っ込んで全力で奔り抜けた経験が。
ファミリーライフエデュケーターの資格に挑んだ36のとき…。
あの時は、しのごの考える暇もなく、とにかく精一杯120%の力で傷つきながら立ち向かっている感じだったよな。
頑張っているという自覚を持つ余裕さえなかった日々。
当時の私には、それしか生き抜く方法がなかったから…。

だけど、そうして手に入れたリソースで、
私は結局、勝負をしなかった。

逃げてしまった。
子育てを大事にしたいからと言って、
世間が聞く耳を持たないからと言って、
「聞かせて」と言ってくれた人に応えるだけで、

聞いてくれない人に、
積極的に学んだ知識を広める努力を全くしなかった。

そして、
挙句の果てに、
子育て支援の世界から教育の世界へと身を移してしまったのだ。

教師になりたかった。
というのは一番大きな理由だけれど。

本当はもう一つ理由がある。

私以外の人達が、
子育て支援の世界で活躍しているのを見るのが、
眩しすぎたのだ。

自分も活躍して注目されたい。
私には実力がある。
どうしてみんな気づかないんだろう。
誰か私を持ち上げてくれないかな。

注目のベースとなる努力や下積みの日々に丸ごと身を投じることをせず、
そんな他人任せな妄想だけを膨らませる日々に
自分自身が疲れてしまったのだ。

それで、
突然思い出した「子どもの頃からの夢」へ逃げたというわけ。

教員は無名性の世界だから、
ああ、あの人があんな面白いことをして注目されている、あの人も頑張って名を挙げたという焦りとは無縁。
どんなに素晴らしい学級運営をする人も、どんな魅力的な授業をする人も、みんな同じ組織の一員だ。居心地がいい。
給料は毎月税金から支払われるから、
支援を仕事として成立させなければというプレッシャーもない。

だけど最近、
何かが足りない。
全然別のフィールドの人の活躍さえ、やけに気になる。

ああ。
ここまで書いてきてやっと気がついた。
あのときがやってきたんだね。
ファミリーライフエデュケーターの資格を取るために、
英語もできないのに、カナダの大学に電話をしたあのときと同じ時空が。

私の今のこの状況を打破するためには、
あのときと同じように奔り抜けるしかないのだろう。

教育も、
支援も、
いや、そんなくくりはそもそもナンセンスだ。

恥も外聞も(できるだけ)捨てて、
残りの人生の時間を使って
できること全部やろうと思った。


(どうかみなさん、物理的な年齢を重ねてもいつまでも成長しない私を、見捨てずご指導いただけますように…)



「そんなこどどうでもいいから、御飯作ってよー」(我が家の子どもたちの声)W










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック