日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
新・新人類
2014年09月28日 (日) | 編集 |
確か30年前に、私たちは「新人類」と呼ばれていた。
なんでだっけ?

その私が、今「新新人類」に遭遇している。

ドイツのアディダス本社にインターンシップで留学し、そのままドイツのアディダスに就職した日本人の若者がいると聞き、時代はそこまで来たか、と感嘆。

これでも十分、旧「新人類」の私には驚くべきことなのだけれど。

その話を使って、
将来はスポーツシューズにかかわる仕事がしたいといっている中三男子を煽ってみたらば。

私「すごいねー、ドイツのアディダスに就職だって!」
中三「(表情全く変えず)あー、でもアディダスだとちょっと違うんだよな。おれ、靴だけだから」
私「……(え? 外国で有名メーカーに就職という点にはリアクションなしかい?)」
中三「それに、俺アディダスの靴もいまいち好きじゃないしな…」

 え?

 あれ?

 私が期待する「外国のスポーツメーカーに就職」という華々しさに対する憧れが、彼から 一切! 感じられない(@_@;)。

 そういえば、コイツはもとから、
「俺は全力で生涯外国に行かない努力をする」
 と言っている奴だったっけ…。
「こんなにいい国に生まれたのに、なんで言葉の通じないところにわざわざ行く必要のかわからない」
 と言ってたっけ…。

 それどころか、
 ディズニーランドに行くことも、
「近所の公園に行きたいから」
 と断ってたし、
 
 国内旅行をすることも
「このまちでの暮らしが快適なのになぜ旅行するのかわからない」
 と言ってたし…。

だから本気で、海外にも、有名メーカーにも、ノーリアクション…。

私には、コイツらが「新新人類」だよ。
私たちの世代はほとんどみんな、外国に行くのは嬉しいことだったよ?
有名な会社に入るのをよしとしていたよ?

ついでに言うと、彼は、「大金を稼ぐ」ということにも、最初から無縁宣言をしている。

小学生の頃、ラブレターの返事に
「俺、将来お金ないけどいいの?」と書いていたのが発見されたし、

今もブレずに、
「俺、大人になったらスポーツシューズの販売員兼市民ランナーだから、あまり金はないからさあ」
と将来計画を語っている。幸せそうに。

ちなみに、販売員になる前には、そこまで強豪じゃないけど常連の大学にうまいこと進学して(有名無名・偏差値の高低は問わず)、箱根駅伝に出場した経歴を持つんだそうである。←何の根拠があるのか、彼はこれをかならず「未来の事実」として語る…。

なんというか、
醒めているわけでは決してなくて、身の丈のところを冷静に判断して、その範囲で幸せを満喫している感じなんだよね。
しかも、身の丈のところにいるのは、諦めの結果じゃなくて、ポジティブな選択なのよ。

この「ポジティブな閉じる系の生き方」って、たぶんこの子に限ったことではなくて、世代的な特徴なんじゃないかと予想する。

このスタイル、新しいし、しかも肩ひじ張らない平和や共存の可能性を秘めている感じがして私は好きだなあ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック