日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
事務処理だって、英語だよ!(当たり前)
2014年05月25日 (日) | 編集 |
カナダ家族支援職資格取得日記⑦

 パソコンと英語に苦しみながら、1科目めに取り組む私のもとに、ライアソン大学から一通の封書が届いた。

「ひえーなんだろうかー」

 当然と言えば当然のことながら、全部英語で書いてある。電子辞書片手に解読したところによると、どうも、学費が足りないから100ドル払えと言っているらしい。

 おかしいな。

 ちゃんとインターネットでクレジット決済したはずなのに。
 
 慌てて入学案内を読み返す。「読み返す」って言ったって、もちろん電子辞書片手に解読、という意味よ。

 すると通学課程の説明のほうに、インターナショナルスチューデントは学費が2.5倍になるという記述に行き当たった。
 これかなあ。これが通信課程の学生にも適用されるということなのだろうか。
 でも、それにしたら、金額が合わないんだけれど…???

 だけどその辺のことを大学とやりとりしている暇はなかった。
 だって手紙には、「期限までに払わなければ、学籍を取り消す」とかなんとか書いてあって、しかもエアメールだから私の手元にその手紙が届くまでにすでに日にちがたっていて、
 その「期限」って、

 明日なんだもん!

 時差や私の英語力を考えると電話での問い合わせは無理。
 メールを書いたって返事を待っている余裕はない。

 この時点で、私の気分は消費者金融やオレオレ詐欺に煽られているお年寄りと同じ。

 とにかく払わなくちゃ! とりあえず払わなくちゃ!

 支払方法は、大学の窓口に直接届けるか、郵便のマネーオーダーで、

って書いてあるけど、窓口に直接行けるわけないでしょう。私は遥か彼方のトーキョーにいるのだよ。だからマネーオーダーしかないんだけど…マネーオーダーって、いったい、ナニ??
 
 とりあえず近所の郵便局にママチャリを飛ばす私。

 窓口に駆け込み、

「あの、マネーオーダーってなんですか?」……

 マネーオーダーのやり方を聞いて書類をもらって一旦家に帰り、ライアソンの指示通りに書類を書いて、そして持っていったら不備があって、もう一回引き返して…。

 結局その日は悲壮な表情で三回くらい郵便局を往復しました。

 ちなみに、その都度、一歳の息子の積み下ろしも、もれなくついてくるわけで…。

 上の二人が学校や幼稚園に行っている貴重な午前中が、おかげで丸つぶれ。
 このアクシデントがなかったら、少なく見積もっても文献十ページは読めたのに…。


 後日、なんと、その請求は大学側の手違いと判明。
 それ以降の学費に充当してくれることになったのですが。

 あのロスタイムと焦りまくった気持ちはどうしてくれるの…? それは取り返しつかないよ…?
 …まあ、いい経験になったんだけれども。

「やっぱガイジンはいい加減だよなー」
 と、思わず偏見に満ちた台詞をつぶやいてしまった私でした。

 能力に満たない者が外国語で学ぶのは、ホントにもろもろ大変です。



 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック