日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
最終回 私が家庭支援をする理由
2014年05月18日 (日) | 編集 |

 1989年。
 忘れられない事件が起きました.東京で、4人の少年が女子高生を騙して監禁、暴行し、姉妹にはコンクリート詰にして海に投げ捨てた「女子高生コンクリート殺人事件」です。

 当時、この事件に衝撃を受けた私は、

「こんなことが二度と繰り返されないために、自分にできることはないか?」

 と考えずにはいられませんでした。

 二十五歳の頃です。

 そして同じ頃、私は、知的障害を持つ人とその家族と出会います。

 重い知恵遅れ、ダウン症、自閉症…。そういった障害を持つ人の存在が教えてくれる「目に見えないたいせつなこと」の大きさと、根強い差別や日本的家族主義、あるいは社会システムが、病児、障害児の家族だけをしんどい状況に追いやるのを目の当たりにして、

「これをなんとかできないだろうか」

 というのも、私の人生の大きなテーマになりました。

 以来十年以上、様々なジャンルの書物を漁り、人の話を聴き、自分で経験をし、私のやるべきことが見えてきました。
 
 ……こんなふうに。

『人は自分が幸せならば、けして人を不幸に陥れたりしない。きっと幸せな人ばかりなら、犯罪も起きないし、しんどい人に目や手が行き届くのでは? じゃあ、どんな人が幸せになる? それは幸せな家庭(またはそれに代わるもの)に育まれた人だ。それなら、私は、家庭が幸せになるお手伝い=家庭支援をすればいい』

 そして、この結論に至った後、カナダ・アメリカでは、すでに様々な家庭支援職が活躍しており、中でも、教育的手法を使って幸せな家族生活のお手伝いをするのは、ファミリーエデュケーターという職種、と知ります。

「これこそ、私のやりたいことだ!」 

 ピンと来た私は、矢も盾もたまらず、三十六歳三児の母しかも英語で勉強というハンデにめげず、資格プログラムの通信教育に挑み、三十九歳で日本初のファミリーライフエデュケーターになり、家庭支援の仕事を始めました。

 知ってラクになることは山ほどあります。

 とくに小さい子のお母さんたち、世間のプレッシャーを敏感に感じすぎたり、間違った情報を鵜呑みにしたりして、まるで見えない縄で自分を縛り付けているようで、私にはいたたまれません。

 また、子育てや障害児・者の現実を知らないがゆえに、他人や家族を傷つけたり、簡単な支援に気づかなかったり、空回りの支援をしてしまったり、ということもあります。

 だから、知ること・学ぶことで、よりラクに、幸せになれる情報を発信していきたい。東神楽町は、私にもう1年そんな場を与えて下さいました(感謝!)。

 来年度は趣向をかえて、子育てのメンタル面ではなく、日々の暮らしの愉しみ方や家事の工夫についてお届けします。

(2007年 北海道東神楽町 広報誌 に掲載) 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック