日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
夫の協力度は同じ。違うのは……?
2014年04月29日 (火) | 編集 |
A子さんとB子さんは、どちらも赤ちゃんが生まれたばかり。二人とも、仕事をやめ、初めての子育てに奮闘中です。

 夫は揃って忙しく、なかなか子育てに協力してもらえません。

 たまーに、お風呂に入れてもらうのがせいぜいで、普段はまったくあてに出来ません。たまの休みも、突然のトラブルで呼び出されたり、冠婚葬祭が入ったり……。せっかく家族が増えたのに、悲しくなってしまう状況です。
 
それでもA子さんは、夫の状況を理解しようと努め、
「仕方がないよね」
 と笑います。

 一方B子さんは、いつも帰宅した夫と責めあいになってしまい、
「もう限界!」
 と、追いつめられた気分です。

 この違いは、いったいどこから来るのでしょう。

 A子さんが優しくて、B子さんがわがままだから?

 A子さんは、小さい頃から子守りをしていて、子育てに慣れているけど、B子さんは、大人とばかり過ごしていて、元々子どもが苦手だから?

 ……正解は、実は本人の資質の違いではなく、夫のかけてくれる言葉の違いなのです。

 A子さんの夫は、
「いつもありがとう、手伝えなくてごめんね」
 といい、B子さんの夫は、
「子育ては母親の仕事だろ、俺忙しいから任せるよ」
 という。A子さんの夫は、
「お風呂入れて、着換えさせて寝せておくから、ゆっくりしていていいよ」
 といい、B子さんの夫は、
「わかったよ、風呂いれるから、呼んだらバスタオルもってすぐ来いよ」
 という。

 子育ての相談で、深い悩みを抱えているなあ、と感じるお母さんの話をよくよく聴いてみると、結局は、必ずといっていいほど夫婦関係の悩みが芯に隠れています。B子さんの夫タイプを持つ妻が、みんな苦しんでいるのです。逆に、A子さんタイプは、たとえ悩みがあっても、最終的には、夫と二人でなんとか乗り越えていく、そんな印象があります。

 日本の男性は伝統的に口下手で、愛していても、優しい言葉をかけるのが苦手だったりもするのでしょう。子育てがそんなに大変だとは想像できないのかもしれません。

 だけど、男性の皆さん、どうか知ってください。ほんの少しのねぎらいの言葉で、子育て中の妻たちは、とてもとても救われるのだ、ということを……。

(2006年 北海道東神楽町 広報誌 に掲載)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック