日々の呟きから子育てコラムまで。イラストレーターとファミリ―ライフエデュケータ-のコンビ「さえる」のブログです。家族支援学についても書いてます。
初心者マークさえないのに!
2014年03月31日 (月) | 編集 |
 自動車を運転するためには免許がいります。けれど、親になるのに免許は不要。ただ、子どもを産むか引き取るか、それだけで「親」と呼ばれます。これを自動車の運転にたとえれば、初心者マークどころか、実技や筆記も学ばずに、車を買っていきなり運転をするようなもの。
数十年前なら、誰もが子どもの頃、子守りをしたり、言い継がれる知恵を耳にしたりして、子育ての方法を、知らず知らずに身につけていたのかもしれません。
しかし、今の「親」たちは、子ども時代のほとんどを学校で過ごしてきました。しかも、大家族から核家族に、縁側のある家からマンションに、などの変化が、子育てを、町じゅうの仕事から、親だけの孤独な仕事に変えてしまっています。
代わりに、現代には情報やサービスが溢れているじゃない?という意見もあるでしょう。けれど、「新生児に母乳をあげるときは、腕の下にクッションを入れるとラク」とか「きょうだいげんかは、親がジャッジ(どちらが悪いと決める)をしないとうまく収まる」というような、ホントに実用的な助言は、驚くほど少ないのです。
そんな頼りない状況の中で、現代の親たちは子育てに取り組んでいます。
それなのに、世間の人たちは、彼らの子育てが下手だったり、まちがったりするとすぐ、口々に、
「親がしっかりしてない」
「親がちゃんとしないから」
 と批判します。
 確かに、現代のような状況でも見事に子育てをこなしている人がいるから、誰もができるように錯覚してしまうのかもしれません。だけど実際には、上手くやれる人もいれば、どうしてもやれない人も…ほんとうに、いろんな「親」がいるのです。
しかし世間は通り一遍に、全ての「親」に「いい親」を求めているように思います。切ないことに「親」たちも、その風潮に敏感に反応し、みんなこぞって「いい親」であろうと躍起になっている…。そして「どうしようもない親」を、世間と一緒に批判している…。

誰でも十分「親」をすることができる。もし、支えてくれる人がいるならば。

これは、私が資格を取る際、テキストに載っていた言葉。ああ、再度肝に銘じなくては。

(2006年 北海道東神楽町 広報誌 に掲載)

いま読み返すと、なにを偉そうに書いているんだかという感じですよ。ほんとうにごめんなさい。年を経れば経るほど、なにが真実で何が正しいかなんて確信が持てなくなる。わからなくなるから言えなくなる。今はこんなの書けないなあ。ああ、当時の読者の町民の皆さん、ごめんなさい。(追記再掲)
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック